私達は、安らぎと信頼を限りなく追及する病院を目指します。

診療科目

リハビリテーション科

骨折や術後のリハビリテーション、脳梗塞後のリハビリテーション、外傷による靱帯損傷や捻挫などの整形疾患、脳梗塞やパーキンソン病などの中枢神経疾患、糖尿病などの代謝障害や呼吸器疾患などの患者様に対して、患者様個人の能力や疾患に応じたリハビリテーションを出来る可能なかぎり症状を緩和して頂くよう、患者様1人1人に合わせて評価し計画書を立ててリハビリテーションを行っています。

患者様の身体状態・病状の評価・検査を行います。
評価、検査の結果を元に患者様・ご家族様の希望に少しでも近づけるよう医師の指示にて症状の回復や維持、症状悪化の予防のために以下のリハビリテーションがあります。

電気光線療法

筋肉の萎縮防止・膝などの痛みなどに効果があり極超短波、低周波等の機械を用います。


温熱療法

疼痛部位を温めることにより、運動前や痛みに効果があり、ホットパック・過流浴などで治療します。


運動療法

疾病に応じた治療運動を行い歩行訓練・筋力を強くする運動・平行棒訓練にてバランスをよくする運動・マット訓練などを行います。


日常生活動作訓練

日常生活に必要な身の回りの動作、食事・更衣・排泄・入浴などの生活動作、あるいは寝返りや立ち上がり、歩行などの移動動作を少しでも現状より良くする為の訓練を治療計画書を立てて行います。