私達は、安らぎと信頼を限りなく追及する病院を目指します。

最新情報

  • カテゴリを追加

最新情報

長引く咳への診断アプローチ

~ 呼吸機能検査(スパイロメトリー)とは ~

 

スパイロメトリーとは、肺の病気を評価するため、肺が吸い込める空気の量や、又吸い込んだ空気を吐き出す速さを調べる検査です。

1回ごとの呼吸の長さ、又吸い込んだ空気量と吐き出した量が記録され、分析されます。


【測定項目】

① 肺活量(Vital Capacity ; VC

胸いっぱい空気を吸ったり吐いたりする検査です。

② 努力肺活量(Forced Vital Capacity ; FVC

胸いっぱい空気を吸った状態から、出来るだけ早く思い切り息を吐ききる検査です。

 

*スパイロメトリーが異常の場合*

1秒率(FEV1/FVC)が70%未満ならば閉塞性換気障害、%VC80%未満ならば拘束性換気障害、両者が存在する場合は混合性障害と判定します(図1)。その次に、鑑別診断をすすめます。表1にそれぞれの異常を呈する疾患をまとめています。


図1 換気障害の判定


すぱ.pngのサムネール画像


表1 閉塞性換気障害と拘束性換気障害を来す疾患


障害のパターン       病態        代表的疾患   

閉塞性換気障害   局所的な中枢気道閉塞  咽頭・咽頭腫瘍・喉頭(蓋)炎

                      再発性多発軟骨炎、気管異物

                          気管腫瘍                                                      広汎的な気道閉塞    気管支喘息、COPD

                      びまん性汎細気管支炎、肺リンパ

                      脈管筋腫症、閉塞性細気管支炎

                      肺水腫               

拘束性換気障害    肺の弾性の低下    特発性肺線維症、間質性肺炎

                      射線肺臓炎、過敏性肺臓炎

                      好酸球性肉芽腫症、じん肺症

                      サルコイドーシス、肺胞蛋白症

                      胞微石症、肺アミロイドーシス    

           肺容量の減少     肺葉切除後、肺腫瘍                       

           胸郭、胸膜病変    胸膜炎、胸膜肥厚、胸膜中皮腫

                      気胸、血胸             

           呼吸運動、呼吸筋力の 重症筋無力症、神経筋疾患       

           障害         肥満による低換気症候群            

           高度の胸郭の変形   後側弯症、横隔神経麻痺                  

           浮腫         肺水腫                                

           その他        肥満                

                                              


                      

       *閉塞性換気障害*   

肺および気道病変によって空気の通りが悪い状態です


       *拘束性換気障害*

肺が膨らみにくい、すなわち肺容量の低下を来した状態です。

 

 

       ~ ◇ ~ ◇ ~ ◇ ~ 

     

 

その他、肺気量分画測定検査努力呼気曲線測定検査気道過敏性検査(アストグラフ)等を診断の一助(1つの手がかり)としてアプローチしていきます。



 検査につきましては、ご予約が必要となっております。


 お問い合わせいただきましたらご説明させていただきますので

長引く咳(息切れ)でお困りの方、どうぞお気軽にメール・お電話でお問い合わせください。

 


 

               内科・呼吸器内科

                     院長 木村 一成